• おすすめの新刊本や復刊本を毎月ご紹介しています。☆随時更新中ですので、ぜひご一読ください。

    おすすめの新刊本や復刊本を毎月ご紹介しています。☆随時更新中ですので、ぜひご一読ください。

  • 絵本の定期便《ぶっくくらぶ》お子さんの成長に合わせて、毎月ご自宅に絵本が届きます

    絵本の定期便《ぶっくくらぶ》お子さんの成長に合わせて、毎月ご自宅に絵本が届きます

  • ご家庭で愛されつづける贈り物…きんだらんどがお届けする《絵本のギフトセット》販売中です。

    ご家庭で愛されつづける贈り物…きんだらんどがお届けする《絵本のギフトセット》販売中です。

  • きんだあらんどへようこそ!店内では選りすぐりの本たちがみなさまをお迎えします

    きんだあらんどへようこそ!店内では選りすぐりの本たちがみなさまをお迎えします

  • 店内には、一流の作家たちが手掛けた、良質で品のある絵本を数多く取り揃えています

    店内には、一流の作家たちが手掛けた、良質で品のある絵本を数多く取り揃えています

  • 世界中で長く愛され続けている名作絵本の数々は、きんだあらんどのたいせつな宝物です

    世界中で長く愛され続けている名作絵本の数々は、きんだあらんどのたいせつな宝物です

  • 乳幼児さんのあそび場「どんぐり広場」の入口の上では、さまざまな作家を月替わりでご紹介しています

    乳幼児さんのあそび場「どんぐり広場」の入口の上では、さまざまな作家を月替わりでご紹介しています

  • 慌ただしい日常に疲れたときには、詩集や写真集をそっとひろげてみませんか

    慌ただしい日常に疲れたときには、詩集や写真集をそっとひろげてみませんか

  • 木のぬくもりのなかで、ゆったりと本を味わうひとときをどうぞ

    木のぬくもりのなかで、ゆったりと本を味わうひとときをどうぞ

  • 手にやわらかく馴染む木のおもちゃたちも窓辺でお出迎え。実際に遊んでいただくこともできます

    手にやわらかく馴染む木のおもちゃたちも窓辺でお出迎え。実際に遊んでいただくこともできます

ごあいさつ

 

 *5月の絵本講座満席となりました*

お申し込み頂きありがとうございました。5月の第一回目は満席となりましたので打ち切らせて頂きます。

今回ご参加頂けなかった方は、是非次回にご参加下さいますようお待ちしております。

(全2回の内、6月はまだ数席空きがございますのでお問い合わせ下さい。)

 

〜〜❀〜〜 〜〜❀〜〜 〜〜❀〜〜 〜〜❀〜〜 〜〜❀〜〜 〜〜❀〜〜 〜〜❀〜〜 〜〜❀〜〜

 

『 絵本基礎講座開催にあたって 』

 

                                       きんだらんど店主 蓮岡 修

 

   いつもホームページを見ていただいてありがとうございます。今回、開催する絵本研修に関して若干のご説明をさせて頂きます。

 

 

 ①   われわれの行う研修は、絵本の本質的な価値や意味から学ぶ実践的な内容です。

 

 

 それは、私たちが絵本を専門的に扱っており、お母さんに手渡す最前線で生きている

 

からです。自分たちが責任をとれない物を渡すことがされない場所で絵本に

 

接している我々の視点は、絵本を研究する方や大学の先生などの絵本の講座と比べて

 

異なった厳しさが要求されます。自分たちに妥協を許さない視点こそ、この研修で

 

お伝えしたいポイントです。

 

  

②    研修参加費は500円です。

 

 

 研修では飲み物とお菓子が出ますので、ほぼ500円は経費として消えます。

 

確かに研修では、講師として実践する知識を述べますが、この知識は、私も研修を

 

通して学び、実践し研鑽を積んで確かめたものです。初期の研修を私は無料で受け

 

させていただきました。現在の研修はほぼ無料で行うのは、絵本の知識を学ばれる方が

 

増えることが平和に役に立つと信じているからです。行う内容は実践的なもので、

 

他の講座内容よりも内容は深いものだと認識しています。

 

 

③    一方的な講座ではありません。

 

 

 絵本を味わうことを、個人的な経験で理由づけることを我々はしません。

 

必然的な理由を、皆さんと一緒に意見を出し合って確認していきます。

 

授業形式ではなく、どんな意見も向き合い、応えていく対話形式で行います。

 

講座の途中で、何度でも立ち止まって確かめることを繰り返します。

 

 

④    絵本を説明するための知識ではなく、味わうための知識を追求します。

 

 

 他人に絵本を説明するために絵本を学べば、マニアのように偏った見方になります。

 

あくまでも、自分たちがどう味わうかが大切。

 

この研修は、他の意見を論破するための絵本の知識を学ぶ講座ではありません。

 

 

 

  「隗より始めよ」という言葉があります。人々に忘れられたような小さな店ですが、

どんなに少人数でも賛同して集まる方々がおられる限り、本物を追う研修を続けていきたいと思います。

 

〜〜〜〜 〜〜〜〜 〜〜〜〜 〜〜〜〜 〜〜〜〜 〜〜〜〜 

 

前回開催致しました絵本講座。おかげ様で大好評につき、

5月6月(全二回)は保育者さま及び一般の皆様にもお越しいただく事に致しました。

今回も店主 蓮岡が講師を務め「発達に沿った絵本の視点」について解説し、

課題の絵本をそれぞれに持ち寄り、皆様で読み合わせた後意見を交わします。

一つの絵本を様々な視点で見つめることで味わい方を深めていきます。

 

育児や保育の現場で絵本を活用したいと考えておられる方、幼稚園教諭・保育士の方々は

もちろんのこと、皆さまのご予約をお待ちしております。10名様限定です。是非ご参加下さい。

 

《第1回目》

日時: 2017年5月26日(金)

18:30~20:30

《第回目》

日時: 日程は未定です(後日HP,facebook,Twitterでお知らせ致します)

18:30~20:30

 

場所:きんだあらんど
定員 :10名
参加費:1人 500円(講義1回につき)

※ドリンク・お菓子付き 

 

 

*前回参加された方々の感想を一部ご紹介致します*

 

今回の絵本講座を通して、絵本に対する基本的な考え方や選び方を、実際に絵本の構造を分析してもらいながら学びました。

その中でも、たった数分の絵本にふれる時間が、子どもの情緒の発達においても大切であるということ、

絵本が「子どものために読む5分間」であるという考えが、とても印象に残りました。

自分自身、絵本の読み手として仕事をする機会も少なくないので、絵本を選ぶ側として、これからも勉強し続けたいです。

 

(M.S 様)
________________

 

 子育て支援の現場で、本当に良い絵本を提供したいとの思いから講座にに参加しました。子どもの心身の発達に伴ってあらわれる「発達課題」について

教えていただき、自分の子どもやいつも観ている子どもたちの姿を思い浮かべながら、拝聴しました。

今まで漠然と良い絵本と思っていた絵本に、それを提供するにふさわしい年齢、或いは月齢、発達段階があることがよくわかりました。

また、講義だけではなく、参加者が持参した絵本についてみんなで考えるというワークが大変勉強になりました。

また、いろいろな絵本の存在自体を教えていただけて、これから即、実践できそうでワクワクしています。

続けてこの貴重な学びを続けていけたらと願っています。人に絵本を読んでもらう心地よさを感じ、とても幸せな気持ちになりました。

また読むスピード、絵本をめくるタイミングが非常に大事だということを体感しました。

発達の課題を伺ってから読んでもらうと、その子どもの気持ちになって絵本が観られて、とても感動しました。

また、発達段階について、深く知りたくなり、学びの幅が広がりました。

ありがとうございました。

 

(M.T 様)

________________

 

私は以前、子どもに関わる仕事に就いていました。

その頃の子どもたちの様子から「この年齢ではこんな絵本を読んであげれば良いかな」と対象年齢をぼんやりと考えていましたが、

今回の研修で対象年齢を考える基礎を教えて頂きました。

様々な絵本を例にあげて対象年齢を子どもの発達課題、保育指針等から明確な理由を仰って下さったので、

自分の中で曖昧だった部分がはっきりとした理由と共に理解することが出来ました。

また、他の参加者の方々とも意見を交換することも出来て貴重な場となりました。

まだまだ全ての絵本について答えられるわけではありませんが、

絵本を保護者の方や保育者の方に提供する側となった今、もっと絵本1冊1冊と向き合いしっかりと考える大切さを痛感しました。

今回の研修でそのきっかけを作って頂けたと思っております。

 

(M.M様)

________________

 

私は保育士ではありませんが、子どもと絵本に関わる仕事をしており、きちんと勉強したいと思い 参加させていただきました。

講座では、保育指針による発達課題を基礎に、蓮岡さんが分かりやすく説明してくださり、それぞれの年齢にどんな絵本が相応しいかを理由づけて教えてくださるので、今まで絵本についてぼんやりとしか分かっていなかった私にとって、新たな発見だらけで 新鮮で、とても勉強になりました。

また実践編として、参加者それぞれで持ち寄った絵本を、1冊ずつ考察するというワークも面白いです。「きんだあらんど」にはない話題の絵本などについて皆で率直に意見を交わしながら、本質を探っていくのが楽しくて、それまでに学んだことがより理解でき、様々な絵本を見比べることで絵本を見る目が養われていくのだと思います。

絵本のことを学ぶとき、蓮岡さんのような切り口で教えてくださる方はあまりいないと思います。 

今後もこの講座で学び続けていきたいと願っております。

 

 (Y.K様)

 

 

 メールで  kodomonokuni@kinderland-jp.com

お電話で  075-752-9275

お問い合わせ画面で http://kinderland-jp.com/conta

 

 _DSC1725z.jpg